和楽久

入居のご相談・お問合せ 047-701-8480 太陽ハウス高齢者住宅開発部

和楽久事業の仕組み

土地活用コンサルティング

少子高齢化時代、若者向けやファミリー向けマンションを建てて大丈夫?
少子高齢化が進み、2020年には日本の人口の29.1%、約3人に1人が高齢者(65歳以上)という状況になると言われています。
若者・ファミリー向けマンション需要は減少するとみられ、空室対策がより重要になります。
サービス付き高齢者向け住宅「ご隠居長屋 和楽久」をご提案します

介護事業開設サポート

補助金申請サポート

「サービス付き高齢者向け住宅整備事業」とは、国(国土交通省)が「高齢者住まい法」に基づいて、バリアフリー構造などをもち、介護・医療と連携して高齢者を支援するサービスを提供する「サービス付き高齢者向け住宅」として登録された住宅の整備事業を公募し、予算の範囲内において、事業の実施に要する費用の一部を補助し支援する制度です。
高齢者世帯や要介護者などの増加に対応し、高齢者が安心して生活することができる住まい・住環境の整備を通し、居住の安定確保を図ることを目的としています。
太陽ハウスではこの補助金の申請から受領まで、責任をもってサポートいたします。