松戸市・柏市・流山市・東京都の不動産と建築なら
創業39年目信頼実績の太陽ハウスへ

ZEH( ゼロエネルギーハウス) の快適性

冬の朝の冷えきったリビング室温をはかったことありますか?

朝の冷え込みが厳しくなると、布団から出るのもつらく、着替えやお出かけの準備も億劫になってしまいがち。それは、家の中が冷えきって寒いことが原因のひとつなのでは?
就寝前に暖房を消すと朝には室温がグンと下がり、10℃くらいまで下がると、つらさが増します。
しかし、この寒さも家の保温力を高めることで、8℃以上も改善することができるのです。

家の保温力は、たとえば魔法瓶なら飲み物がいつまでも温かいけれど、普通のタイプの水筒はすぐに冷めてしまうのと同じです。保温力(断熱性)を高めれば、寝る前に暖房を切っても室温が下がりにくく朝も快適に過ごせます。

エアコンの設定温度は感じる温度と違うと思いませんか?

エアコンの設定温度は23℃なのに、いまひとつ暖かさが感じられず、つい設定温度を上げてしまうという経験はありませんか?本当なら節電のために設定温度を下げたいところです。
これは人が感じる温度( 体感温度) は、まわりにある物の温度の影響を受けているのが原因。
壁や床の表面温度が低ければ、室温は23℃でも体感温度は20.2℃ということもあるのです。

体感温度は、床・壁・窓・天井など、まわりの物の温度の影響を受けます。たとえば、冬の室温が23℃でも暖かく感じられないのは、周囲の表面温度が低いから。それを解決するには、家の断熱性を高めるのが一番です。つまり断熱性を高めることで、部屋全体を冷気から遮断するため、体感温度が改善されます。
また、夏の場合は窓の遮熱と組合せることにより、熱気を遮断し涼しく感じられるのです。